キッチンのすべて

レシピや料理の豆知識、調理器具の話など、キッチンに関わるすべてを独断と偏見を持ってお送りしています

料理が下手な人の特徴5つ!失敗を減らし上達するためには?

料理を失敗した人

 

本やネットなどのレシピ通りに作っているのになかなか上手くいかない…

センスだけでパパっと料理を作るような人に憧れる。

 

そんな悩みを抱える人って多いかなと思いますけど、だあーいじょうぶ!^^僕も料理を始めた当初はそうでした(今もかw)

料理が下手な人の5つの特徴! (と改善策)

原因はなんなのか?解決法は?

料理下手な人の特徴と上達の知恵をどうぞ♪

 

1・味見をしない

料理経験は初めてでもなく、それなりにやっているのに美味しくならない。という方は心当たりがあったりしませんか?

 

味見をするのは基本的なことです。

 

いくらレシピ通りに作っていたとしても、「使う調味料」や、「食材の量」、調理器具や火加減まで正確に再現はしてなですよね?

 

出来上がりまで味を見ないでいると、この微妙なズレが重なっていき最終的にはレシピより味が劣ってしまいます。

 

「レシピはあくまで参考に」して、自分が望む味になるまで何度も味見を繰り返すことが重要だと考えます。

 

それを繰り返すうちに慣れていって

「このくらい塩を入れたらこのくらいしょっぱくなるな」「このレシピより砂糖を増やした方がいいかな」と、

自分なりの軌道修正というものが見えてきます。

 

これを疎かにしてしまうとどんなに回数をこなしても基本的な味付け能力は身に付きませんので、注意したいですね。はい。

2・計らない

「だいたいの分量は覚えたから大丈夫」「めんどくさい」と、レシピの分量をだいたいでつくってしまいがちになるもの。

 

「料理人になるには最初はお菓子作りが良い」なんて言われています。

 

「お菓子作りにおいて材料を計量することは重要で、一般的な料理よりも繊細なお菓子には少しの違いが味に大きな差をもたらすから」だそうな。

 

女性の方であれば経験があるかと思いますが、お菓子作りの材料や手順はシビアで、クッキー1枚でも塩加減やバターの量、焼き加減で味や食感に大きな違いが生まれますよね。

これは料理においても重要で、さらに言うと、「あなたの料理が進歩しなくなる」原因にもなってしまいます。

 

例えば、勘に任せてその日は美味しく料理ができた。または美味しくなかったとしましょう。

で、次に同じ料理を作るときにそれを再現できるでしょうか?

よほどの味覚の持ち主なら可能かもしれませんが、多くの場合不可能でしょう。

 

この「再現する」こと。

「前回の分量を覚えておいて、良くても悪くても次回に生かす」ということがとっても重要で、毎日勘や目分量で作ってしまうと比較するものがないので、それこそセンスのみでの勝負になってしまいます。

 

前回のレシピがあれば、

「次は塩を小さじ1増やしてみよう」「この間のは美味しかったから同じ分量で作ろう」っていう具合に、

作るたびに改良する、美味しく出来たときを再現するといった事が可能になりますよ。

3・調味料、調理器具が適当。

なにも「高い調味料、調理器具をそろえてください」ということではなく、目的にあったものを選ぶのが大事なんですよ^^

 

例を挙げるなら、

 

「薄口醤油と書いてあったのに、濃い口醤油を使った」

「ごま油がなく、サラダ油にした」

「赤ワインがなかったので、使わなかった」

 

など、誰でも一度は経験があったりしませんか?

 

ちなみに僕は、「豆板醤」と「コチュジャン」をたいして変わらないと思って使っていた時期があります(笑)

 

調理器具でいうなら、

 

「ミキサーや裏ごしの道具がないので、手やヘラでよく潰した」

「竹串が通るくらいという表記があったがなかったので箸やつまようじを使った」

 

 

その料理にあった切り方、下ごしらえを変えてしまうということは、「千切りが面倒なのでミキサーにかける」ようなもの。

 

収納や技術によっても変わると思いますが、出来る限りレシピに合った下ごしらえができるよう、調理器具はしっかりそろえておくことをオススメしたいところですね。

料理を失敗した女性

4・自分でアレンジしてしまう・結果的にアレンジしている

僕がそうだったんですけど、料理を始めたばかりの頃は本当にやってしまいがち。

 

「火が通っているか心配になり、表記よりも長く火を入れた(火を強くした)」

「途中で味見をして、味が薄い気がしたので調味料を足した」

「こうした方がいいだろう、とうろ覚えの知識を織り交ぜてみる」

 

結果的にレシピを再現できていなくなっていませんか?

 

「味見をして軌道修正する」ということとは矛盾してしまいますが、まずはレシピのまま、何も手を加えずに忠実に再現してみましょう。

 

不安になるかもしれませんが、世にある多くのレシピは美味しくなるように出来ています

まずは何も考えずに真似をしてみて、そうえで自分の好みや技術を織り込んでいってみてみましょう^^

 

確かに試行錯誤したり、失敗することはあなたにとって大きな財産になりますが、それも基礎があっての事ですよね。

スポンサーリンク

 

5・自信を持って!

なぜ自分の思いつきを加えてアレンジしてしまうことになってしまうのかって

 

自信がないから」です。

 

「自分の料理は美味しくない」と思うからこそ、逆に「必要以上に火を入れて」しまったり、「必要以上に味を足してしまったり」します。

 

料理は勢いが大事で、調理→仕上げ→盛り付けと手際よくこなすことで、結果的には良い火加減、良い味付けにつながると思います。

 

途中でやたらといじってしまうと、しょっぱくなったり、油っぽくなってしまったり、ベチャッとしてしまいます。

 

慣れないうちは難しいかもしれませんが、「自分の料理」や、「正しく再現しているレシピ」を信じて、勢いよく作れば、意外と美味くいくものですよ^^

まとめ

僕もそうだったけど、料理は「センス」や「知識」だと思ってしまいます。(もちろんすごいセンスの持ち主はいますが)

そうではなく、確実に「基礎を身につけ」、「経験を重ねていく」ことだと思います。料理だけではありませんが、基礎ができていないのに応用はできませんよ~?

 

あなたはいきなり「応用」から始めたりしないようにしましょうね^^

この記事が少しでもあなたのスキルアップにつながればと思います。