キッチンのすべて

レシピや料理の豆知識、調理器具の話など、キッチンに関わるすべてを独断と偏見を持ってお送りしています

ホタテの保存。殻付きでもOK?【冷凍と冷蔵の方法と期間】

ホタテ貝

パカッとmasaです。

ホタテをたくさん頂きました。ので、冷蔵と冷凍の方法。それと余談をシェアしていきたいと思います。(余談をシェア・・?

いきなり余談ですが、ホタテには栄養ドリンクで耳にする「タウリン」の含有量が魚介類の中でダントツなんですよ♪疲労回復にはもってこいです。

ホタテの冷蔵保存(非推奨)

ホタテの基本は当日完食になります。ので、残念ながら冷蔵庫での賞味期限は1日くらいですね。

  • 殻の上からラップで巻く→1日
  • 殻をとって冷蔵庫→2日
  • そのまま冷蔵庫へ→1日

 

このくらいしか持ちません。

 

唯一、何日かしても味が落ちないようにする為には醤油やみりんなどの調味料で浸けておく方法になります。

それでも、翌朝には焼いて食べた方がいいですけどね(゜゜;)

一応保存方法を。

殻付きでの保存方法

  1. 殻付のホタテを塩水(普通の水でも)につける
  2. 新聞紙やキッチンペーパーを濡らして包む
  3. 保存袋やポリ袋に入れる
  4. 冷蔵庫へ

 

殻付だとさらに劣化が早くなるので、出来れば殻をとって保存するのがオススメです。

殻をとって保存する方法

 まず、殻をとる必要があります。

これはもう文章で伝えられる自信がないんで動画を拾ってきました(m´・ω・`)m ゴメン…



要約すると

  • 平べったい方から貝柱を切り離す
  • 開いたらもう一方の貝柱も切り離す
  • 貝柱・たまご・ひもをそれぞれ分ける

 

です。

そしたらよく洗ってから塩水にくぐらせ、水気を拭き取ってラップかジップロックして冷蔵庫です。OK?

 

そのまま冷蔵するよりは長持ちしますが、それでも2~3日で鮮度は落ちていくんで早く食べましょう。

長期保存なら冷凍。氷水ワザで。

じゃあ僕のもらったホタテたちはどうしたらいいのよ。食べる?にしても多い。

したらば冷凍しちまおうって訳ですね。

殻はいりません。切り離して大事にとっておいて下さい。僕なら捨てますけど(笑)

 

ボイルして冷凍する方法もあるみたいですけど、味が落ちるんで僕は氷水を使います。以前にもお肉の冷凍で使ったワザですね。詳しくはこちらから。

肉の冷凍は氷水で。氷水にくぐらせるとなんで味が落ちないの?

 

さっきの冷蔵保存の手順で取り出した貝柱をさっと水洗い、んで、氷水にくぐらせます。

すぐに保存袋に入れて冷凍!隣同士がくっつかないようにね。

 

1個1個やると温くなっちゃうんで、保存袋の一袋分(4~6コぐらいかな)ガバッと入れてザルとかにガシャッとあけちゃったほうがいいですよ(^^)

※売っている貝柱に「解凍」って書いてあるやつは再冷凍になっちゃうんでできません。

冷凍での保存期間

これで半月くらいは味が落ちないでいけますね♪1ヶ月経過するときびしいかも知れないです。歯応えがひどい。

せいぜい3週間くらいといったところでしょうか。

解凍

味が劣化しない順に並べると↓

  1. 氷水につけて解凍
  2. 冷蔵庫で解凍
  3. 袋のまま流水にあてて解凍
  4. その他(レンジ解凍・常温解凍)

 

です。なるべく上2つの解凍方法にしたいところですね。

スポンサーリンク

 

鮮度の良いホタテの選び方

ホタテに限らず、魚介類は直前まで元気だったやつが一番美味しいです(^q^)

貝は生きていれば口を閉じるので、まずはそこですね。開ききって、ベロが出てるようなのは論外です。

口が閉じている、もしくは半開き。

半開きなら、触ってみて、(゜ロ゜)←これが(・_・)←こうなるやつ。

剥き身のものを選ぶときは、なるべく透明感のあるやつがオススメ♪

ウロに注意!!

ホタテのウロ

ホタテの実の横にあるい部分。これが通称ウロです。ここには貝毒が集まっているため、食べない事をオススメします。

 

ホタテの毒には下痢になるものと神経を麻痺させるものの二種類あり、前者であれば3日くらい下すでしょう。いわゆる「当たった」状態。水分たくさんとったほうがいいですよ(´ー`)

後者はフグのそれと同じ、最悪の可能性もあるっちゃあるんで、危険なんですよ。

※加熱すれば大丈夫です。生食の話ね。 

 

こんなこと言うとホタテが恐くなっちゃいますよね。

でも大丈夫。ぶっちゃけほぼ当たりません(笑)

現在はホタテを出荷する際に検査をして、規定を越えるような場合は出荷停止という措置がとられます。

しかも、もし当たったとしても病院で「ホタテにやられた」と伝えれば処置も早く、大事に至るケースは稀でしょう。そこまで急激に悪化するものでもないです(^^)

 

ですが、万が一ということもありますので理由がなければ食べない方が良いでしょう。

ウロが好きな人もいるみたいですけどね。まあ自己責任です。はい。

 

海からの贈り物、せっかくの命です。存分に堪能しましょうねヾ(´ー`)ノ